≪講師割引あり≫10月12日 WEBセミナー プラント・製造業の デジタルトランスフォーメーションの進め方

<最新のデジタル技術、DX導入事例から学ぶ>

~デジタルを活用した生産改革へのヒント~

講師割引があります。 
オンライン申込み(備考欄にA-626記入)もしくはこちらのフォームから。(事務所問合せフォームからのお申込みもOK)

<最新のデジタル技術、DX導入事例から学ぶ>
プラント・製造業の デジタルトランスフォーメーションの進め方
~デジタルを活用した生産改革へのヒント~

詳細は、主催者様サイトでご確認ください。 詳細はこちら

ポイント 

プラント・製造業など、加工現場がある業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)に関するセミナーです。

デジタル・データ化は効率化につながる着眼点です。それらは組み合わせが容易で、アイデア次第で画期的な生産性向上にもつながります。

一方、DXはまだまだ歴史が浅いこともあり、具体的成果の事例も少なく、どちらかと言えば、ベンダー側からの活用イメージのPRが多い段階です。
トヨタ自動車とサムスンで製造と開発のデジタル化を推進した講師により、DXを簡単に俯瞰した上で、この分野でのDXの現状と生産性向上につながる活用ヒントを紹介します。DXコンテンツ事例や想定案は、可能な限り、動画での紹介を予定しています。入門者にもわかりやすいセミナーです。
デジタル化は、プラントや製造現場そのものの3Dデータ化と活用、製造時の各種情報のデジタル収集と活用の2面で解説します。それぞれ、ラクラク保全や製造品質先読み制御などの未来的なプラント管理・製造システムなどが期待されます

なぜDXが必要なのか?
デジタル化とDXは何が違うのか?
現場と経営側の目指すべき意識とは?

…本セミナーがDXに進むための初めの一歩になれば幸いです。

こんな方にオススメ

  • デジタルトランスフォーメーション、デジタル化技術に興味をお持ちの方
  • 生産性やコストの改善の着眼点を探索している方
  • プラント・製造の保全関係者
  • 生産性改革や現場変革を目指したい方


習得できる知識

  • プラント・製造業関連の各種デジタル技術
  • デジタルトランスフォーメーションの概要
  • 業界内のDX推進の現状

講演内容

1.  はじめに
‐なぜデジタルトランスフォーメーション(DX)が求められるのか?‐
・日本を取り巻く状況
・2050年カーボンニュートラル、次世代エネルギー
・最新自動運転技術 走行試験ビデオ
・DX推進が求められる理由、背景

2. デジタル技術とDX
‐デジタル化とDXの違い、DXに関する基本的知識‐
・Industry 4.0、Society 5.0
・Sensing 計測技術(形状計測、特性値計測)
・IoT、AT&CAE
・欧州自動車の開発評価におけるDigital Engineering

3. プラント・製造ラインにおけるDX導入
-デジタル技術・DX導入の事例から学ぶ体制作り-
・現場計測方法 プラント丸ごと計測・作業スペース瞬間計測
・計測データからの3Dデータ化
・データ活用事例や案
  改造・改修の事前机上検討
  デジタル見積もり
  保全システムとのリンク
  作業性改善 生産シミュレーション
  CO2削減

4. プラント、配管・バルブ、加工設備のデジタル化
-最新の技術で何ができるのか?-
・最新計測技術
・リアルタイム連続計測とIoTデータ収集
 (温度・圧力・ひずみなどの物理変動情報)

5. デジタル情報の活用
・CAE進化のための高信頼性計測技術
  プレス・ダイカスト・射出成形・CFRP(RTM)
・CAE活用による設備改革
・リアルタイム計測情報解析による生産改革
   生産変動抑止での品質安定化とコストダウン
・AIの活用、AIとのリンク
  CAE不要の瞬間的予測、センサー不要の異常検知
  音・映像の自動判別 

6. まとめ DX推進のために乗り越えるべき壁
・現状のレベル
・「現場側」と「経営側」それぞれ意識すべきこと
・生産性向上のために
・Digital Twinの可能性
・期待と課題