10月3日WEBセミナー 『トヨタ・サムスン式 グローバル仕事術、トヨタのA3文化』

詳細およびお申込みは、主催者様サイトでご確認ください。
 詳細はこちら

セミナーの趣旨

トヨタ自動車、サムスンでの業務経験から、グローバルTOPを続ける企業としてのこだわりを持ったビジネススタイルに気付かされました。
その本質は、ひとりひとりが自分事として取り組むことです。
    常に問題意識を持ち続け、自分の目と耳で調査分析し、最終的にはその対応方策を的確に伝達し予算人員を確保しながら推進します。
このことを自分事として徹底することは、仕事に対するセルフマネジメントとなり、しいては絞り込まれた圧倒的生産性に繋がります。
   この推進のためのスキルは、実に常識的で誰でも簡単に実行できることばかりです。この点をお伝えすることが本セミナーの最大の狙いです。
 企業文化を比較の上で、特にトヨタ生産方式の実用的な活用に関して具体例で紹介します。
さらにトヨタ式のまとめ伝達手法の『A3文化』も解説します。
 セミナー中に「セルフ演習」時間を設けます。発表や提出は不要ですが、演習時間内に実際に自ら考え行動することが可能です。
聞くだけのセミナーではなく体験するセミナーです。
*時間の関係上、『A3文化』に関する説明は概要となります。ぜひ、事前に以下を購入の上、一読されることを推奨します。セミナー最後の、居残り相談時間では、この書籍に関する質問にもお答えします。

電子書籍:amazon Kindle トヨタの「A3文化」: テレワーク時代だからこそ伝える技術~究極の「仲間増やし」作戦~

プログラム

●講義 13:30~16:30(随時、休憩とQ&Aを挟みます)

1.はじめに
 脱炭素や日本の低賃金定着など課題認識を整理します。
1.1 トヨタ式〇△という解説本を斬る!
1.2 グローバルから見た日本の位置づけ
【演習①】
1.3 SDGs カーボンニュートラル

2. 中から見てきたトヨタ自動車とサムスン 
実務経験から両社の特徴をご紹介します。
2.1 トヨタ自動車
2.2 サムスン
2.3 企業文化の比較
【演習②】

3.トヨタ生産方式
トヨタ式、トヨタ流業務の理解のためには、そのベースとなっているトヨタ生産方式の理解が役立ちます。
3.1 歴史
3.2 構成する2本柱
3.3 進化と現状 進化し続ける これがカイゼン
3.4 製造だけじゃない、事務・開発・設計部門にも根付ているカイゼン活動

4. トヨタ式仕事術の具体的紹介
4.1 7つのムダ
4.2 標準化と4S、見える化
4.3 現地現物の本当の意味
4.4 自工程完結
4.5 5回のなぜ、トヨタ式問題解決 源流対策

5. トヨタ・サムスン共通の基礎的仕事術
5.1 時間泥棒にご用心
5.2 業務プロセス要素
5.3 A3文化 紙一枚でシナリオ説明

6. まとめ

Q&A 

※16:30より30分程、希望者へ居残り相談会を実施します

ご案内 

講演・セミナーの予定


講師割引でご参加希望の方はお問合せからご連絡ください。

ご興味がある方、ぜひご参加ください。

セミナーやコンサルティングなどのご相談窓口