7月4日会場&WEB【割引有】 トヨタが狙うマルチパスウェイの先

〜今後のトヨタビジネスを推察する〜

会場セミナー/Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能) /アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

詳細および「割引でのお申込み」は、主催者様サイトでご確認ください。
 詳細はこちら

セミナーの趣旨

トヨタの決算は営業収益43兆円超え、円安の影響があったとはいえ営業利益は驚異の5兆円に迫るものです。世界販売台数も、トヨタ単独で1000万台超えと一人勝ちです。TESLAの勢いが陰り、世界的にも電気自動車への流れの鈍化が見え、ハイブリッド車の割合が急拡大しており、各種SNSや一部報道では「やはりトヨタが正しかった」などの論調が目立ちます。マルチパスウェイを掲げるトヨタとしてどのような戦略を取るのかに注目が集まっています。
昨年、6月中旬の株主総会前後にトヨタから各種アナウンスされ、今年も同様と想定されます。トヨタからのアナウンスを、その背景も含めて分析することで、トヨタのこれからが見えてきます。決算状況とともにそれらの発信情報を分析します。また、日本国内にはあまり伝わっていないHyundai Motor Groupや韓国水素エネルギー政策との比較分析も、トヨタの動向を客観的に理解する上で重要であり、この点も合わせて解説します。
トヨタはマルチパスウェイのさらに先の世界を狙っています。マルチパスウェイを独自視点で解説の後、トヨタの広がりのある未来ターゲットを推察してみます。さらに先の世界とは・・・ぜひセミナーにご参加ください。トヨタ出身で、その後サムスン等のグローバル企業勤務経験があり、現在も現地現物コンサルタントとして新エネルギー車を中心に試乗や現地調査を継続しモビリティの最新動向を調査分析している講師による、オリジナル最新セミナーです。

プログラム

1.新エネルギー車の販売トレンド
 (1)2022年2023年の経時変化  (2)主要地域ごとの新エネルギー販売状況
 (3)水素燃料自動車の未来は? 電動車・エンジン車共通のエネルギー課題
2.トヨタ成功の歴史を振り返る
 (1)ハイブリッド車 プリウス  (2)グローバル各拠点開発 東南アジアIMVと北米PMV・SUVの大成功
 (3)TGNAの功罪  (4)Hyundaiの戦略を参考する
3.OEMと政府政策
 (1)日韓政府の水素戦略  (2)中国政府の新エネルギー施策 
4.最新のトヨタ自動車の動向
 (1)決算報告、株主総会から  (2)全固体電池、ギガキャスト、自走式新組立方法
 (3)燃料電池と水素エンジン  (4)日野、織機、ダイハツの認証取り消し
5.マルチパスウェイの具体化と想定される次世代ビジネス?
 (1)拠点分散同時開発とトヨタ式大部屋体制  (2)ハードからソフトへ
 (3)カーボンニュートラル  (4)Society5.0   
6.まとめ
7.質疑応答 
8.会場受講限定 セミナー終了後に講師との詳細な意見交換会

※最新動向により内容の一部を変更する場合があります。

ご案内 

講演・セミナーの予定


セミナーやコンサルティングなどのご相談窓口