水素エネルギ社会(21)Hyundai NEXOの水素タンク

NEXOは新型MIRAIと同様に水素タンクが3本で、大容量を確保しています。

長距離走行が可能となっています。新型MIRAI発売までは、世界最長走行可能なFCVでした。

航続距離 WLTC(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle)法
NEXO   820km
新MIRAI 850km

タンク容量
NEXO   156.6 litters
新MIRAI 140 litters

タンクメーカ
  NEXO   日進複合素材(イルジン、Iljin complex)
 新MIRAI 内製および豊田合成

なお、昨年11月、イルジンのタンクが2022年からJR東日本が試験走行を開始する水素燃料列車に採用されることが報道されました。JR東日本はトヨタ自動車および日立製作所と共同で開発するとアナウンスしていますが、水素タンクをイルジン製にする理由は謎です。

NEXOはSUVの特徴を生かして、後輪の周辺に3本まとめての配置です。トランク容量も461l確保しています。以下のイラストを参照してください。

タンクの安全性に関する情報です。

ご案内  上記にも関連するセミナーを3件、ご紹介します。

HyundaiやSamsungなどのグローバル#1開発を進めることのできる韓国の体制や慣習などに関しては、以下のオンライン無料セミナでご説明を予定しています。無料ですが、定員がありますのでお早目のお申込みをお薦めします。
(定員を大幅にオーバする際には対策を検討する予定です)

【オンライン無料セミナー】 1月29日開催 
トヨタもサムスンも凄かった。 新時代に何を参考にすべきか?
技術オフィス Tech-T主催



さらに、Samsungなど韓国グローバル企業の人材育成や活用に関しては、トヨタ自動車の仕組みと対比しながらの解説を、以下のセミナで予定しています。

【超おすすめ】 2月12日開催 
トヨタ・サムスン流の人材育成・人材活用を学ぶ



水素タンクなどの次世代エネルギへの活用を含めて、CFRPに関する初中級セミナも予定しています。

≪講師割引あり≫  2月18日開催
CFRPの基礎と評価方法の実務
~2050年カーボンニュートラルを見据えて。
基礎構造、特性発現メカニズムから、SDGs、未来予測まで~

~2050年カーボンニュートラルを見据えて。基礎構造、特性発現メカニズムから、SDGs、未来予測まで~


ご興味がある方、ぜひご参加ください。