「柿の種」のおいしさの秘密は ブロー成形

イオンのオリジナルブランド、トップバリューの柿の種の外袋を見ると、材質が細かく表示されていました。 PVAは、酸素を遮断する材料ですので、しばしば、食品の袋類やマヨネーズのような調味料の容器に使用されています。標記から、3層の積層成形であることがわかります。

袋をよく観察すると、クラックがあります。3層のいずれかの層での割れが観察されます。また、袋の表面が平滑でなく、果物の柚子やミカンの表面のような凹凸が見受けられます。3層積層の樹脂の物性差の影響と思われます。

袋を引き裂いてみると、3層の層間での剥離も観察されました。
この袋の成形は、ブロー成形法のひとつのインフレーション成形です。

詳しくは予定している技術セミナーで紹介します。

ぜひ、セミナーを受講ください。 特に、飲料・食品容器を使用する方、洗剤やシャンプの容器を検討する方などに向いています。

セミナー用の資料を掲示します。
柿の種の秘密、日常生活でのブロー成形品のスライドです。
なお、亀田製菓の柿の種の袋も調査しました。こちらはセミナーでご紹介の予定です。

セミナー紹介

【Live配信(リアルタイム配信)】
ブロー成形
~加工の原理、生産課題対応、さらにDXやSDGs対応まで~

日時  2021年1月28日(木)  13:00~16:30
主催  サイエンス&テクノロジー

講師割引で半額 
ご希望の方は、問合せフォームからご連絡ください。