東北工業大学 佐藤善之先生訪問

プラスチック成形加工学会でお世話になった佐藤先生の研究室を訪問しました。その当時は東北大学のご所属でしたが、2019年から 東北工業大学 工学部 環境応用化学科に異動されてます。

2021年11月10日午後に訪問しました。実は、高校時代は東北工大のすぐ横に住んでいましたので、懐かしい場所の訪問です。

実はこの6月に、オンラインで「工業化学概論」の授業を一コマ担当させていただき、そのお礼を兼ねての訪問です。以下は、その授業の際のスライド、表紙と授業内容です。

溶媒の替わりに超臨界流体

佐藤 善之 | 東北工業大学 (tohtech.ac.jp)

超臨界流体を使用することで環境負荷物質である溶媒の使用を抑えることができます。カーボンニュートラルに向かう流れの一助にもなるものと考えられます。

11月末に開催される成形加工シンポジアでもが発表が予定されています。東北大学との共同研究です。ご研究の実験設備はいまでも東北大学の青葉山に置いてあるそうです。地下鉄が開通した今では、隣の駅となります。

C-215 CO2塗装法における溶剤選定法の開発:CO2+有機溶剤+ポリマー系粘度に関する検討

八木山ベニーランドが写真の背景になるようにとご配慮いただきました。白いジェットコースターのコースが写ってます。(写真 右が佐藤先生)