「プラスチックス」トヨタ生産方式 第14回 プラスチックに最適な変化点管理手法

「プラスチックス」2021年12月号

連載 第14回です。

トヨタ生産方式をプラスチック成形に応用しよう 第14回
プラスチックに最適な変化点管理手法 <アルファブレインメソッドの紹介>

技術オフィスTech-T 高原忠良
アルファブレインコンサルツ(株) 坪井 淳

前回に引き続き、変化点管理に関する解説です。
今回は、日産自動車出身の坪井様が考案した、樹脂材料の変更や新規採用検討の際に役立つ変化点管理手法の<アルファブレインメソッド>の解説です。ご考案者の坪井様自らの解説です。図表も多く、大変にわかりやすい解説ですのでぜひ参考になさってください。


トヨタ生産方式が根付かない、あるいは自社の特質を考えながらの活用を考えているなど お問合せから、ご相談をお待ちしております。

お読みになっての疑問やご意見も、お問合せから、お気軽にご連絡ください。こんな記事を読みたいなどの掲載希望などのご要望も大歓迎です。

「プラスチックス」は、日本プラスチック工業連盟誌です

12月号は
 特集:プラスチック金型の現在
  特設記事:MIDの進展状況
との構成です。

販売価格/ 1,650 円(税込)

こちらからお買い求めいただけます。

このような技術解説執筆の他、各種のセミナ講師も担当しております。
予定されているセミナはこちらからご確認ください。