「バルブ技報」短期連載

「バルブ技報」第86号(2021年3月)

雑誌への短期連載のお知らせです。

「バルブ技報」第86号、第87号に技術解析記事、

バルブへの樹脂適用の検討

が連載されます。

「バルブ技報」は一般社団法人日本バルブ工業会の会誌で年に二回(3月と9月)、日本工業出版から出版されています。
2021年3月発刊の第86号に、連載の前半として

<樹脂の基本の理解>

とのサブタイトルで、樹脂に関して平易に解説しました。

かなり詳細に解説しており、約12,000字、図表も約50点、ページ数として17ページとなっております。初心者や、金属材料ベースに業務をされてきた方々を対象に、樹脂の構造とそれに基づく特性発現から解説してます。バルブに応用する際の解説も加えてますが、バルブ業界に限らず広く参考になる入門解説となってます。

1 プラスチックの基礎
 1-1 プラスチックの歴史
 1-2 プラスチックの特徴 
  金属・無機物と比較して
 1-3 活用状況
  日常品、自動車、宇宙・航空、産業分野、その他
 1-4 活用のメリット
  易加工性/コスト低減/軽量化/高品位化
 1-5 活用における課題
  耐熱性/剛性/耐久性/耐環境特性

2 プラスチックの種類と加工法
 2-1 種類・分類
  熱可塑(汎用・エンプラ・スーパエンプラ)/反応硬化/複合材(CFRP・GFRP)

校閲中の1ページ目を掲載します。こんなイメージで掲載されます。

同雑誌は、工業会から、単号のみでも購入いただけますので、ご購入ご希望の方は、工業会のウェブサイトからアクセスください。

ご案内  
プラスチック入門編としては、以下のようなセミナも予定しております。

極めてわかりやすいと好評です。
新入社員や新規に樹脂関連の担当になられた方など、ぜひ受講をご検討ください

5月25日 WEBセミナ 
プラスチックの基礎から成形加工の実務まで《入門編》