シトロエンAmi 小型BEV 販売台数

販売台数に関するレポートです。

最新情報はメルマガで。
メルマガ 配信登録は こちらから

各セミナ―で より詳しく講演します。ぜひご聴講ください。
 ↓↓ クリック ↓↓
近日開催のセミナー&オンデマンドセミナー 「次世代モビリティ関連」

調べてみると、ステランティスの3ブランドから世界20か国以上で発売されており、その総販売台数も4万数千台でした。

販売台数

2020年5月にフランスで発売されて以来、イギリスやギリシャ、生産地のモロッコなど世界20か国ほどで販売されています。
発売から3年半での総販売台数は4万台を超えています。
年間1万台強の台数です。
2023年の日本でのBEV販売台数は以下となっています。
Nikkei Mobility1月12日付けに掲載された表になります。
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会の発表情報を日本経済新聞社でまとめ)

AMIの年間1万台という台数は、日本ではBEST2となる販売台数です。

試乗した感想としては、遊園地のゴーカートを大きくして屋根を付けた「おもしろ車」でした。
小さい分 大変に取り回しが楽で、デイパックや小さめのスーツケースくらいであれば乗せられます。
写真は助手席(左ハンドルなので右側)の足元の奥(車両前側)のポケット状荷物スペースに置いた、私のデイパックです。

40km/h超えでの走行も可能であり、カタログ値になりますが満充電での走行距離75kmで十分に便利な「足」となります。
さらに、フランスでは14歳以上、ドイツでは15歳以上で自動車免許無しで運転が可能です。

日産の軽EVのサクラと比較したスペックのレポートを復習しましょう。

2人乗り、2410×1390×1520mm、車両重量485kg、最高速度45km

サイズ感を、サクラと比較

4人乗り、3395×1475×1655mm、車両重量1070kg、出力 定格20kW(最高47kW)
全長は1m短く、車重は半分以下。4人乗りと2人乗り

日産サクラの試乗レポートです。
ご参考まで。
“日産の軽EVサクラに試乗”

限定コンテンツの入口へ

なお、登録とメルマガ受信は無料ですので、未登録の方は、上記からアクセスしてご登録ください。
また、調査結果の詳細やコメント、その他現地BEV情報などは、各セミナーで紹介しています。
多くは有料セミナーですがよろしければご聴講ください。

各セミナ―で より詳しく講演します。ぜひご聴講ください。
 ↓↓ クリック ↓↓
近日開催のセミナー&オンデマンドセミナー 「次世代モビリティ関連」

個別のコンサルティングサービスでは更なる詳細や今後の方向性などを解説いたします。
費用や内容などは、以下より、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちらから

ご案内 

講演・セミナーの予定


セミナーやコンサルティングなどのご相談窓口