アップルは本当にEVを作るのか?

たぶん 本当でしょう。 誰でもEVは作れます!

アップルがEVを作るという報道が続いていますが、着眼としては ごく当たり前のことです。

アップルの携帯電話はすでにそのようにして製造されています。iPhone本体には写真のように「Appleが設計して中国で製造してます」とクレジットが入ってます。

EVになった場合、自動車の生産形態は、従来の擦り合わせ式から、組み立て式に代わると言われていました。すなわち、パソコンと同様に要素部品を調達し組み立てるということで、従来の擦り合せノウハウは陳腐化し、誰でも自動車が作れるようになります。

ただ、クルマというハードを製造するという意味ではなく、移動手段を中核としたあらたなビジネスモデルを構築してくるであろうという点が、最も着目すべきです。

スマホのiPhoneは、企画はアップルですが製造は中国中心に世界各地での委託であり、そのための部品もグローバル調達しています。アップルはアプリもビジネスに取り組んだことでその手数料、販売価格の30%と言われていますが、この収入も莫大なものとなっています。

さて、日本ではほとんど新興EVメーカの話を聞きません。以前レポートしたAZAPAのような小規模な例はありますが。(AZAPAはこのレポートのほかにEVもターゲットにしています)

一方、中国では国の施策もあり、多数の新興EVメーカが市場に出始めています。
(中国の普及の向けた施策、こちらもご参考に)

その中で、規模が大きく、バックボーンがしっかりしている会社に 華人運通、英名 Human Horizons という会社があります。
昨年の北京自動車ショウで、ブランド名 HiPhi から、高級SUV HiPhi Xを2021年、今年から発売するとアナウンスがありました。

大規模試作が始まっている状況もニュースリリースされています。

1月29日の当事務所主催の オンライン無料セミナ に合わせて、この中国の新興EVメーカから、

当事務所のこのセミナのための特別ショートプレゼン

をご準備いただいてます。
セミナ、ぜひ、お申込みください。

次回は、高級SUV HiPhi Xと、そもそもの華人伝通の戦略をレポートします。

ご案内  
上記にも関連するセミナーを4件、ご紹介します。

HyundaiやSamsungなどのグローバル#1開発を進めることのできる韓国の体制や慣習などに関しては、以下のオンライン無料セミナでご説明を予定しています。無料ですが、定員がありますのでお早目のお申込みをお薦めします。
(定員を大幅にオーバする際には対策を検討する予定です)

【オンライン無料セミナー】 1月29日開催 
トヨタもサムスンも凄かった。 新時代に何を参考にすべきか?
技術オフィス Tech-T主催



さらに、Samsungなど韓国グローバル企業の人材育成や活用に関しては、トヨタ自動車の仕組みと対比しながらの解説を、以下のセミナで予定しています。

【超おすすめ】 2月12日開催 
トヨタ・サムスン流の人材育成・人材活用を学ぶ



EVなどの次世代車の軽量化、水素タンクなどの次世代エネルギへの活用を含めて、CFRPに関する初中級セミナも予定しています。

≪講師割引あり≫  2月18日開催
CFRPの基礎と評価方法の実務
~2050年カーボンニュートラルを見据えて。
基礎構造、特性発現メカニズムから、SDGs、未来予測まで~

~2050年カーボンニュートラルを見据えて。基礎構造、特性発現メカニズムから、SDGs、未来予測まで~


車載用のプラスチックや成形加工のセミナも予定しています。

≪講師割引あり≫ 3月12日 【Zoom】オンラインセミナー 
車載用プラスチック入門


ご興味がある方、ぜひご参加ください。